シークレットリサーチャーズ

恋愛総合探偵事務所がお送りする恋愛事情

DV男から逃れるには…

彼のDVに耐えられません…。別れるにはどうすれば良いのですか?』と、別れさせ屋シークレットリサーチャーズへ悲痛な叫びとも取れるご相談を頂く事が有ります。

そのご相談内容から、このまま一緒に居ても、幸せになれる内容ではありません。

中には警察へ相談する事例も含まれている事も有りますが、ご相談を頂いた方達は『大事にはしたくない』または『警察では取り扱ってくれなかった』など、それぞれ様々な背景があるのです。

今回このブログではDV男の特徴からDV男と別れられる『別れ工作』などお話をしたいと思います。

DV男の特徴とは?

ご相談頂く皆様が口を揃えて言われるのは『出会った時や付き合った当初はとても優しくてDVをするような感じではなかった』と言われるのです。

見た目も暴力性を感じさせない人が多く、周りのみんなから好かれる人当たりの良さなど感じさせる人柄の方が、DV男となる事が多いように感じます。

では、そのDV男の特徴とは何か、何点か挙げて行きたいと思います。

束縛が激しい!

DV男の特徴の一つとして、束縛の激しさが挙げられます。

相手の行動や、誰と今居るのかを知りたがります。

連絡がある度、報告をしなくてはいけないですし、決まった時間に定期的に連絡・報告を入れなくてはいけません。

時には今居る場所や、一緒に居る人物の写メを送らなくてはダメなのです。

自分の意見が第一優先!相手の意見を聞かない!

DV男は全てを、自分優先にします。

相手に予定が有ってもお構いなしで、全てを自分の都合で物事を進めて行きます。

少しでも自分の行動計画に、意でも唱えるものなら、不機嫌となりキレます。

かなり嫉妬深く疑い深い!

人は嫉妬深く疑い深いものですが、DV男は尋常なまでに嫉妬深く疑い深いのです。

自分以外の男性と話をしたら、さぁ~大変…。

その事に対してい異常なまでに反応し、彼女を激しく非難するのです。

また少しでも、連絡が取れなかったりしたら他の男と遊んでいるだろうと、疑われ大変な事になります。

また街中で少しでも、男の人に目線が行っただけでも『あの男に色目を使ってるんだ?』と攻め立てられる事も有ります。

この他にも様々な特徴がありますが、総じてDV男の特徴として『自分勝手』な特徴が見受けられます。

DVにも様々な種類

DVと聞いてすぐに思い浮かべるのが『暴力』ですが、その暴力にも様々な種類があります。

身体に対して直接暴力!

身体に直接、殴る・蹴るなどの暴力です。

これが世間一般的に認知されているDVの典型ですね。

言葉の暴力!

言葉の暴力は直接身体に危害を加える訳ではないので、目に見えて危害を加えられているのがわかりません。

常に言葉での暴力『バカ』・『死ね』・『ブス』・『役立たず』など、全てにおいて人格否定をされ、本当に自分が何もかも悪いように感じてしまう事になるのです。

性的な暴力!

性的な暴力とは、本人が望まない性行為に対して、無理やり強要したりする事です。

避妊をしなかったり、裸の写真や性行為の撮影なども含まれます。

上記に挙げた以外にも身体的暴力や精神的暴力の事例もあります。


しかし、今まで事例を挙げてきた事は、何もDV男だけに当て嵌まる行為ではなく、逆のDV女にも同じ事が当て嵌まるのです。

別れ工作のご相談を頂くのは何も女性だけの話では無く、中には男性からのご相談があるのです。

数としては少ないですが、男性も同じような悩みを抱えているのです。

DV男から逃れるには…。

精神的にも肉体的にもDV男から支配をされてしまいますと、中々相手から逃れる事が難しい事があります。

このような状況さえ、判断が出来ないほどに支配をされている方も、現実にいらっしゃるのです。

何とか逃れたい』と現状に気が付いても、中々簡単な話ではありません。

別れ話をしようとするものなら、更なるDVが待ち受けていたり、急に弱々しい態度に急変したりして、貴方を引き留める事をするのです。

しかし、このまま一緒に居ても幸せになれない事は、目に見えてわかる事ですから、一刻も早く離れたいと思うようになるのですが、友達などを巻き込みたくない、どのようにして事を荒立てずにすればいいのか分からずに悩んでいる所に、別れさせ屋との出会いが有るのです。

少し前は警察にDVの相談をしても、基本的に民事不介入と言う事で、事が大きくならなければ動いてくれませんでしたが、近年大きな時間に繋がる事も増え警察も介入してくれる事例も増えておりますが、やはり事を大きくしたくないとして、探偵業者が営む『別れさせ屋』が支流になりつつあります。

DV男とは本来外面がよく、自分を良く見せようとしている人も多く、精神的にも弱く臆病な人なのです。

別れ工作ではその辺りを含めて、外部から接触する事によって、本人の弱さや間違いを正す事が出来、依頼者からの別れの言葉を受け入れる事が出来るように環境作りをしたり、または他の方法を用いて別れ工作を致します。

DV男とは決して、強い人間ではありません。

人の弱みに付け込んだり、痛みを知らない人間は成長して行きません。

その事も分からせてあげるのも、別れさせ屋シークレットリサーチャーズの仕事だと思っております。

シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

※おすそわけマーケット ツクツクお得なメルマガ登録はこちらから!
       ↓↓↓
 おすそわけマーケット ツクツク


40年前に離れ離れなってしまった友人との復縁

復縁の一般的イメージとして『別れた元恋人と復縁したい』・『離婚してしまったがまた寄りを戻したい』など、恋人や夫婦間でのイメージを持たれる方が多いかと思いますが、親族や友人などとの復縁の依頼も数少なくありません。

中には喧嘩別れをしてから、かなりの時が過ぎてからのご相談もあります。

本当に些細な事で意地を張り通してしまって…』・『歩み寄るタイミングを見失ってしまい何十年も思い悩み続けている』と何年~何十年と悩まれている方もいらっしゃるのです。

このブログでは、40年前に離れ離れになってしまい、思い悩まれていた方のお話を交えながら書いて行きたいと思います。

■40年の時を経て

それは一通の相談メールからのご相談でした。

今から40年前に、離れ離れになってしまった友人と何とか復縁をしたい』とのメールを頂きました。

何度かのメールのやり取りの後、直接お会いする事になりました。

そこでは、メールでは書き切れなかった内容を、お話して下さいました。

そこでは『復縁したい相手とは小学校の時からの友達で何をするのも一緒だった。小・中・高と同じ学校で、同じ大学を目指していました。しかし相手の家庭の事情もあり大学受験を断念した位から、何だか関係がギクシャクし出して高校を卒業と共に相手の家が引っ越しをしてから関係が終わってしまいました。還暦を迎える前に何とかして関係回復を考えています。』との話などをお聞きし、依頼を受ける事になりました。

この方のように、親族や友人との復縁をお考えの方は、長年思い悩んでいる方が多くが何かの節目(就職・結婚・出産・etc.)の時に復縁したいと思う気持ちが強くなるのだと言います。

今回のように『還暦』と言う人生の大きな節目で復縁したいと思う気持ちが強くなったとの事です。

お話としては復縁したい相手が今現在何処に住んでいて、何をしているのかが全く分からないとの事で、まずは復縁調査の前に人探し調査をしなくてはなりません。

長年音信不通となりますと、中々本人まで辿り着ける糸を探り出して行くのが、難しい事も有ります。

今回の依頼の対象者が引っ越しをした理由とは、家庭の事情と言う事も有り、その当時の仲間達も把握していないとの事でした。

この家庭の事情と言うのも、噂でしか聞いていないとの事でしたが、親友達にも一切引っ越し先を言わなかったと言う事は、当事者としては深刻な問題だったのでしょう。

あらゆる方面からまず、所在を確認する作業から始める事となります。

40年と言う歳月は人々の記憶から消え去って行きますが、記録と言うものは存在するのです。

対象者に行き着くまでには少々時間は掛かりましたが、存在確認なども出来まずは依頼者に写真などを確認して頂く事になりました。

18~19歳の時は容姿は変わってしまいますが、若かりし頃の面影がちゃんとあり、写真を見られた依頼者は涙を流して喜ばれました。

本人の所在が分かれば、後は復縁調査に切り替え今の現状など調べる事になります。

一通り復縁調査をした後に依頼者との打ち合わせで『復縁工作をしないで直接自分自身で相手の前へ行って復縁をしたい』との事でした。

その考えには復縁屋シークレットリサーチャーズは賛成である事を伝え、本人自身が直接動く事になりました。

では何故賛成なのか?

復縁工作とはあくまでも補助的な役目であり『1人の力ではどうにもならない。1人では復縁する勇気が無い』と言う方のお手伝いなのです。

今回の依頼者の方のように『これから先は自分で復縁をする』と言う方の考えは賛成なのです。

話は戻しまして、今回の復縁の話は成功する事になりました。

対象者もこの40年間、様々な心の葛藤が有ったと言います。

何故あの時に何も告げず去ってしまったのか』・『長い付き合いの友人達を裏切った格好となってしまい後悔していた』と対象者は対象者でこの40年苦しんでいたのです。

復縁の裏には様々な背景があり、それぞれのストーリーがあるのです。

今回の我々シークレットリサーチャーズの依頼としては、これも成功と言えるのではないでしょうか!

復縁工作を用いなくとも、人探し調査・復縁調査の結果で、対象者の所在が確認出来、今どんな状況にいるか分かった事によって、復縁へと導く事が出来たからです。

一言で『復縁』と言っても、様々なドラマがあります。

復縁が成功したからドラマが終わるのではなく、またその先のドラマがあるのです。

貴方のドラマを未完のままで終わらせるのではなく、その先のドラマを続けてみませんか?
 

復縁成功をしても…悲しい結末?


復縁屋シークレットリサーチャーズには、全国各地から『復縁したい』と切実なご相談やご依頼を頂きます。

本来であれば、全てのご依頼に対応させて頂きたいのですが、ご相談内容やテクニカルな部分でご依頼に応えられない場合もあります。

ご依頼を受けるにあたって、復縁を成功させる事が第一条件ですので、無理なご依頼は受けられないのです。

時には、ご依頼を受け復縁が成功しても全てがハッピーエンドで終わるとは限らないのです。

今回はご依頼を頂いた方の承諾の元、ご本人が特定出来ない内容で、その悲しい結末をお話をしたいと思います。

対象者を思う純粋な気持ち

ある時SNSのサイトを通じて知り合う事になった2人ですが、その当時にお互いが住んでいた場所は遠く離れていて、新幹線を使って会うにしても約4時間は掛かる距離に住んでいました。

数か月の、お互いに様々な方法を用いて連絡を取り合い、いつしか無くてはならない存在になるまでには、そう時間は必要としなかったのです。

対象者はアマチュアでバンドを組んでおり、いつかはメジャーデビューを夢見て活動をしていたのです。

そんな対象者を何とか側で支えたいと思う気持ちが日に日に増していったある時、対象者の方から『こっちに来て一緒に暮らさないか?』と告げられ、全も縁もゆかりも無い土地へ行く事を決断したのです。

それまで生まれ育った場所、生活や仕事を投げてでも、愛する相手の近くで応援しようと思い、相手の元へ引っ越したのです。

一緒に暮らす』と言っても、相手は実家暮らしで、一から住む場所を探す事から始まったのですが、このころから少し雲行きが怪しいかったと今思い返せばそのように感じたと言います。

しかし、その時は全てを投げ打ってまで、愛する相手の元へ駆けつけ、一日でも早く一緒に暮らせる場所を探すのに一生懸命だったようです。

ようやく見つけた2人の場所ですが、一切の手続きや費用は依頼者がしたのです。

最初の話では対象者が全てやるとの事だったのですが、バンド活動の忙しさやバイトで引っ越し手続きに手が回らないとの事で、依頼者が一切の事をやる事になったのです。

一緒に暮らすと言う話も、実家暮らしと言う事で『色々とあるから少し待ってくれ』との事で、縁もゆかりも無い土地で、寂しい1人暮らしをスタートさせるしかなかったのです。

バンド活動やバイトで中々時間が取れないと言う事で、1週間に1度会えるか会えないかと言った状況でした。

会えば『お金が無いから貸してくれ』と言うのが常習化して行き、必死に稼いだバイト代を対象者に貸していたのです。

その様なやり取りが数か月続き、一向に同棲する気配も見せず、会えばお金を貸す事を繰り返していいました。

いつしか要求してくる金額も大きくなり『ライブをするのに会場を借りるから20万円貸してくれ』・『ギターが壊れたから30万円貸してくれ』と段々と要求がエスカレートして行くのです。

そんな対象者の要求を受け入れようと頑張るのですが、いつしか限界は来るものです。

そこで依頼者が取った行動は、風俗でお金を稼ぎ愛する対象者のバンド活動を支えるでした。

風俗で働く事によって、今までバイトをしていた時より収入は上がりますが、対象者の要求に応える事で生活は苦しくなる一方だったと言います。

対象者には風俗で働いている事は話をしていなかったようですが、対象者は口には出さないまでも、依頼者が風俗で働いている事は知っていたかも知れません。

そんな対象者を必死に影ながら支える生活も、あっけない一言で終わってしまうのです。

バンド活動に専念したいから別れてくれ』のたった一言で終ってしまったのです。

この時に依頼者は対象者の夢の邪魔をしたくないと思い、何も言わず身を引く事を決めたのです。

対象者と別れたと言っても、全てを投げ打ってまで来ましたから、今更前の場所に戻る事も出来ませんし、いつしか対象者がこの場所に戻ってきてくれると淡い気持ちを持ちながらその場に留まる事を決めたのです。

風俗の仕事も対象者を支える事から始めた事ですから、別れを機にスッパリ辞め他の仕事をする事をしたのです。

別れも本心からではないので、いつまで経っても忘れる事は出来ないでいましたし、何時しか戻って来る事を願いながらの生活を送っていましたが、近くに相談出来る相手が居ない事から、色々と行き詰まってしまい、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談となる訳です。

別れてか一切の連絡を絶つ事で対象者の邪魔をしない気持ちではありましたが、やはり会いたい…話したい…と言う気持ちが強くなって行くのです。

ご依頼内容は前の関係では無くとも良いが、連絡を取り合える仲、普通に会える仲に戻りたいとの願いでした。

前のように付き合いたい・結婚をしたいと言う依頼より、ハードルは低くなりますし、別れに至った原因もそこまで難題ではなかった事もあり、ご依頼を受ける事になりましたが、復縁調査をする事にあたり様々な事実が浮かび上がってくる事になるのです。

まず、バンド活動はしてはいるのですが、ライブ活動は何組も一緒に合同ライブでその中でも群を抜いて話にならないほど技術で固定のファンもおらず、一緒にライブをしている他のバンドからも迷惑的存在だったようです。

まず、依頼者は対象者のライブや演奏をしている姿を見た事はなかったのです。

そして、バンド活動の傍らでバイトをしているとの話でしたが、依頼者には夜居酒屋でのバイトをしている話をしていたようですが、バイト先は風俗店の送迎ドライバーをしておりました。

そして実家暮らしの話でしたが、1人暮らしをしており、そこには複数の女性の出入りが確認取れたのです。

ちなみに対象者は20代前半で、女性にモテるようなルックスを持ち合わせており、そのような事から女性には困っている様子ではありませんでした。

復縁調査で判明した事実を、依頼者に報告をしなくてはいけません。

当初この復縁調査で判明した事を確認をすれば、依頼者は対象者の事を諦めるのではと思っていましたが、本来の復縁の内容の『連絡を取り合える仲、普通に会える仲に戻りたい』で構わないので、復縁工作の依頼をされるのです。

依頼者曰く『どんな内容より対象者を影で支えたい気持ちは変わらない。今彼女になりたいとは思わないけど何時かはそのようになりたい。金銭的援助はしたくないけど』との思いからでした。

復縁工作はそう難しくはない内容でしたので、連絡や会う事はすぐに解決しました。

一応ここまでが復縁屋シークレットリサーチャーズに対してのご依頼でしたので、契約を終了となりましたが…。

その後の悲しい結末…?ハッピーエンド?

ご依頼を終了してから数か月経った頃、復縁屋シークレットリサーチャーズに依頼者からの一通のラインが届きました。
 
まずシークレットリサーチャーズでは、ご契約頂いたお客様とやり取りにラインを使用する事があります。

このラインで調査報告や画像・動画の送信、またはアドバイスや悩み事や自己改善に使用しております。

ラインを使用する事で、24時間直接やり取りが出来るメリットがあるからです。

そしてそのラインにはこんな文面が送信されました。

以前復縁工作をして頂いた○○です。対象者と直接やり取りや会う事も叶い、本当にありがとうございました。あれからも会う事も出来て色々と楽しい時間が過ごせました。しかし対象者のバンドは解散して対象者もすっかりバンド活動を諦めたようです。以前のように会えるペースは少なかったですが、会えば身体を重ねる事もあり幸せでした。でも対象者が次に選んだ仕事がホストで、プライベートで会う代わりにお店に呼ぶようになり、最初はその誘いに応えていましたが金銭的にも余裕が無くなりました。しかし以前のように風俗で稼いでまで応援をするつもりはないですし、風俗で働いていたのは対象者のバンド活動を助ける為でした。あの時にシークレットリサーチャーズさんが言っていた事が今になってわかりました。今は仕事場で私の事を気遣ってくれる男性にも出会えましたし、以前のように対象者だけしか見えなかった自分が何だかイヤになりました。今後は私なりの幸せを掴みたいと思います』(一部抜粋・ご本人の許可を頂いております)

このように復縁出来たから全てが幸せになれる…とは行きませんが、このように復縁をした後でも方向修正が出来る訳です。

依頼中にも依頼者に対しては、忠告をする事はありましたが、最終的な判断は依頼者次第となるのです。

その事に気が付くのが早いか遅いかはあるかも知れませんが、最終的に気が付いてくれた事に意味があるのです。

あれだけ尽くしていた依頼者ですが、対象者との関係を清算して、新たな幸せを見つけるとの事でした。

依頼者の今後の幸せを願わずにはいられません。

シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

※おすそわけマーケット ツクツクお得なメルマガ登録はこちらから!
       ↓↓↓
 おすそわけマーケット ツクツク



浮気をしている…その思い込みは危険です!


恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、恋愛に関するお悩み事を解決する為に、無料相談窓口を設けております。

その様な事から、全国にお悩みを抱える皆様から恋愛に関するお問い合わせやご依頼を頂きます。

大きな悩みから小さな悩みまで様々ですが、その小さな悩みでもご相談を頂く当事者としては大きな事なのですが、冷静に考える事が出来ればどうにでもなる話なのです。

しかし私共シークレットリサーチャーズを頼ってご相談頂く事は非常に感謝致します。

ご自身で冷静な判断が出来ない時に、間違った対処をしてしまうと、小さな悩みが大きな悩みに変わってしまう事だってあるからです。

このような事から、小さな悩みの内に問題点を正してあげる事によって、間違った方向に進まなくて済むからです。

しかしご相談の中で一番困るのが、お客様の思い込みなのです。

その思い込みがもたらしてしまう、弊害をお伝えして行きましょう。

あの人は浮気をしている…

自分のパートナーの行動が少し普段と違うと感じた時に『もしかしたら浮気をだろう?』と思ってしまう事も有るでしょう。

しかしこの『だろう?』とても危険なのです。

人は一度でも『こうなんじゃないか?』・『そうなんじゃないか?』と思い込んでしまうとその固定観念にとらわれてしまい、真実は『浮気をしてない』のに、『浮気をしている』の固定観念から脱却する事が出来ないのです。

疑い出したらキリがないのですが、浮気の事実を問い質したり、浮気の証拠を見つけようとしたりして相手との関係に影響してきてしまうのです。

浮気を疑われている方としては、浮気に関しまして全く心当たりがないわけですから、問い質されても『浮気をしました』と言えるはずもなく、嫌な思いをする訳です。

こうなってしまいますと、相手も面白くない訳ですから、相手との信頼関係に隔たりが発生してしまう事にもなります。

中には逆に、突然浮気の疑いを掛けられてしまった方としても『いきなりこんな事を言い出すと言う事は自分にやましい事があるからこんな事を言い出すんだ』と思う方もいらっしゃいます。

このようにお互いをお互いに浮気をしていると思ってしまうと、中々元のような関係に戻る事は難しいのではないでしょうか。

このようになる前に、一度浮気調査のプロに相談してみては如何でしょうか?

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ浮気調査の依頼をする方で、自分の思い込みで相手は全くの『シロ』と言う事もよくある事なのです。

まずは相手を信じる事が大切ですが、浮気をしていると思い込んでしまった固定観念を脱却させるのには、ちゃんとした浮気をしていない証拠が必要なのではないでしょうか?
 

貴方が思う復縁の定義とは何ですか?


復縁したい』とご依頼をする時に、何をもって復縁が成功したと考えますか?

ただ漠然と『復縁したい』と思っていらっしゃる方がいます。

ただ『復縁屋に依頼すれば何とかなる』なんて思っているのです。

これでは、依頼を受けた方の復縁屋としても困ってしまう話です。

今回『復縁の定義』を題材にしてお話をしたいと思います。

復縁の定義をしっかりと持つ事!

復縁したいと思いその着地地点は、皆様それぞれあります。

中には着地地点が曖昧なままで、依頼をされる方もいらっしゃいます。

明確な目標や曖昧なままですと、いざ復縁の依頼をして、事が動き出してから途中で自分自身の方向性が定まっていない事から、今後に対して不安を抱えたり、迷いが出てしまったりする事が多く有ります。

では、復縁の定義・着地地点と何か何点か例を出してみたいと思います。

・連絡を取り合える関係
・また友達からの関係
・恋人関係に戻る
・夫婦関係だった方なら再度結婚


など、これ以外にも様々な定義・着地地点があると思いますが、復縁屋シークレットリサーチャーズにご依頼を頂く方達は、この辺りを定義として依頼をされます。

ご依頼の時点でしっかりと復縁の定義を持たれていない方は、しっかりと復縁の定義を考えて頂きます。

もちろん全てのお客様の定義通りに『復縁が成功』するとは中々難しい事です。

別れに至った原因によって、復縁に掲げる定義には届かない事も有るでしょう。

しかし届かないからと言って、復縁を諦める事はないのです。

その時の状況によって復縁の定義を見直し、方向修正をすれば良いのです。

何も復縁の定義を一本調子で進めて行かなくとも、変える事で最初の目標とは違うかも知れませんが、まずは復縁したい相手との距離を縮めて、そこから再度方向修正をすれば良いのです。

このように臨機応変に対応する事で、復縁を諦める事なく、着実に復縁を目指して行く事も大切です。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、ご相談頂いたお客様と共に、最良の復縁プランを考えて行きます。

ご相談頂いた時にお客様が思う、復縁の定義とは違うプランを提示する事も有るかも知れませんが、それがお客様の復縁を成功させて行く方法とお考え下さい!

 

シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

※おすそわけマーケット ツクツクお得なメルマガ登録はこちらから!
       ↓↓↓
 おすそわけマーケット ツクツク


身体の相性が合うから復縁したい…!


復縁屋シークレットリサーチャーズには、様々な想いから『復縁したい』とご相談があります。

・別れた恋人が忘れられない
・復縁したい相手と別れてから何人か交際をしたけど一番落ち着くから
・お金も知性も社会的地位もあるから


等々、復縁したい理由は有りますが、今回はその他の理由の『身体が相性が合うから復縁したい』にスポットを当てたいと思います。

 

身体だけが目当てではありません

人が人を好きになる理由は様々な理由があります。
・外見が好み
・性格が好き
・価値観が合う


と言った要素が重なり交際が始まると思います。

もちろん大人のお付き合いとなれば、自然とセックスをする間柄になります。

身体の相性ってとても大事で、いくら『外見が好み』・『性格が好き』・『価値観が合う』と言っても、身体の相性が合わないと言って別れてしまうケースをよく見受けられます。

これはただ単にセックスのテクニックだけの問題ではなく、抱き合った時にフィット感や安心感も影響して行きます。

逆に『外見が好み』・『性格が好き』・『価値観が合う』が合わなくて、身体の相性が合っていても長くは続きません。

この真逆のパターンで復縁の可能性が高い方は、どちらだと思いますか?

それはズバリ、『外見が好み』・『性格が好き』・『価値観が合う』が合わなくとも、身体の相性が合っている方なのです。

それは何故なのか?

外見や性格・価値観と言うのは、自己改善をすれば変える事が出来るからです。

もちろん、今すぐ変える事は難しいですが、日頃の心掛けや考えを柔軟にする事によって、変化をもたらせてくれます。

しかし、身体の相性と言うのは感覚的な要素が含まれております事から、自分自身の改善ではカバーしきれない部分があるからです。

抱き合った時のフィット感や安心感と言うのは、お互いのフィーリングで感じるモノであって、中々変化をもたらす事が出来ないのですね。

テクニックだけでは、人の心を掴み切れる事は出来ません。

身体の相性が合うから復縁したい』これは凄く良い事です。

本当に復縁を考えているのならば、自分自身で改善点を見つめ直し、改善して行く事で復縁の道が開けて行くでしょう。

復縁調査復縁工作だけでは、復縁は完全に成功しません。

自分自信を変える!』この事を忘れないで下さい。

復縁屋シークレットリサーチャーズは、復縁調査・復縁工作だけでなく、自己改善に対してもアドバイアスを含めた、復縁プランをご提供致します。
 

浮気・不倫の始まりはほんの出来心?


完璧な人』など、この世の中にはそうは存在しないでしょう。

普段完璧だと思われている人でも、些細なミスをしたり、間違いをしてしまう事はよくあります。

このように完璧ではない人の子を『人間味のある人』とも言います。

人間味のある人だからこそ、周囲に人が集まるのですが、完璧な人では逆に近寄り難いですよね?!

浮気・不倫のキッカケも最初はほんの出来心?だったかも、知れませんがその出来心が後々大変な結果を招く事さえもあります。

今回その『大変な結果』とは何かを、お話をしたいと思います。

知らなかったでは済まされない浮気・不倫代償

その昔の言葉で『浮気・不倫は男の甲斐性』なる言葉が有り、浮気や・不倫が発覚しても『まっ…しょうがなか』と言うような風潮が有りましたが、今や言葉自体が死語となり世間一般的にも『浮気・不倫』は許さないとなってきております。

ひと昔前なら有名人や芸能人の浮気・不倫が発覚しても、記者会見をしたら『チャンチャン』で不問にされる事が多かったですが、今の時代浮気・不倫が発覚するような事があったら、それこそ週刊誌やワイドショーに連日取り上げられ、本人が謝罪会見をするようものなら、会見で揚げ足や言質を取られたりして、活動を謹慎したりはたなまた引退に追い込まれたりする事も有ります。

これは我々一般人でも同じ事で、社会的制裁に追い込まれたりします。

最初はほんの出来心だったかも知れませんが、ご自身が思っている以上のペナルティーが科されるのです。

既婚者で浮気・不倫が発覚した場合には、配偶者からの慰謝料請求や、浮気・不倫相手へも慰謝料請求が科される場合もあり、尚且つ離婚と言う話になれば、慰謝料+様々な請求が行きます。

最悪の場合は、上記+仕事場を解雇されたり、住む家さえも失ったりもされます。

中には、浮気・不倫相手に家庭が有る場合は、その相手の配偶者からも慰謝料請求をされてしまいます。

その様な事にでもなれば、浮気・不倫相手はもちろん離れて行くでしょうし、大切な家族も離れて行ってしまいます。

こうなってしまうと、自分の親・兄弟や親戚関係からも冷めた目で見られる事にもなるでしょう。

結婚をしていない恋人関係なら慰謝料を請求されなと思いかも知れませんが、恋人と婚約関係・事実婚や内縁関係にあるような間柄であれば、慰謝料を請求する事が出来ます。

ほんの気の緩みや出来心だけの関係でも、大きな代償を支払う事となります。

しかし、よく考えてみて下さい。

浮気・不倫をした方としてはちょっとした気持ちでしかないかと思いますが、やられた方としてはとても抑える事の出来ない感情となってしまうのです。

信じていた相手に裏切られる事は『とても耐えがたい事であり、苦しい事』なのです。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでも、様々な浮気調査をしてきましたが、やはり最終的には悲しい結末になってしまう事の方が多いのです。

依頼をされる方も身を引き裂かれる思いで依頼をされますし、自分の勘違いであってほしいと願いながら依頼をされるのです。

そんな思いをさせない為にも、今現状で浮気・不倫をされている方は、今一度考え直してみて下さい。

あなたの浮気調査をするのは、我々恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズかも知れません。